Twitterで続気が気になる投稿…続きはどこ?

最近、Twitterの投稿が中途半端なところで終わってるの多くないですか。

特に多いのは「(鍵カッコ)で終わってるとか。これがまた続きが気になる内容なんです。でも、リプ欄に続きが書いてあると思ったら書いてない。

こういうの。

リプがいっぱいあるので上から読んでみても、フォローしてほしい旨のツイートや、明らかに続きを読んだと思われる人の反応しかない。たまに「続きはどこに書いてあるの?」「最近こういう投稿多い。もったいぶってて嫌い。」みたいなリプライも…。

続きはプロフィール内のハッシュタグ!

Twitterで気になる投稿の続きがどこにあるかというと、「プロフィールの中」です。

「固定ツイート」のときもありますが、たいてい、プロフィールの中のハッシュタグ(#)で始まる文章がその続き(答え)になっています。

自分のプロフィールに誘導して、フォローをしてもらうのを目的としたものです。

傾向として、そのやり方を実行している人はツイートのリププランを見ると、たいてい「自分をフォローするメリット」が書かれています。
Twitterのフォロワーを得るために、一定のマニュアルに沿ってやっているのでしょうね。

慣れたらすぐプロフを見に行けばいいので気にならないかもしれませんが(私ももう気にはなりません)

でも、手法的には、「どこ?」って探し回らせたり、「書いてないじゃん」って不信感を持たせてしまうようなものはちょっとなぁ…と思っちゃうので、私はやりません。

できるだけ1ツイート内におさめるか、リプ欄に書くか、ブログに誘導ですかね。

というわけで安心してフォローしてください。笑
Twitter@happybitwork

 

そもそも・・・

そういう投稿って、別の投稿をしたらプロフィールに書いてある答えも置き換わっちゃうわけで。
そうしたら投稿のリプ欄に改めて答えを書いてるみたいなんですが、それって手間・・・。
そしてその手間をかけてのリターンってどのくらいのものなんだろう?と思うのです…。

ライフハック

Posted by 志津